FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琴浦さん 第1話「琴浦さんと真鍋くん」

琴浦さんTOP絵今期から始まりました「琴浦さん
ウェブ漫画サイトで人気を集め、単行本の発売を経てアニメ化された実力派の作品のようです。

タイトルもそうですし、ニコ動のサムネイルもほんわかしていたので日常系のアニメだと思っていました。
いや~いい意味で予想を裏切られましたw

このアニメを簡単に説明すると、
人の心が読める超能力者の琴浦さんと、エロいことばかり考えている性格イケメン真鍋くんを中心とした日常系アニメでしょうか。

まだ1話しか見ていないけどきっと合っていると思います。
でも、そんじょそこらの日常系ではありません・・・

このサイトはレビューサイトではないので、感想を書かないって選択もありですよね。
あなたの目で確かめて見てください。
後悔させません。絶対に引き込まれます!

あと、次回予告の時に琴浦さんが超能力(メンタリズム)を披露してくれるので飛ばさないように!
私は見事に心を読まれましたΣ(´∀`;)


~今回の名言~

■No.1
真鍋「心が読めようと読めなかろうと離れる人間は勝手に離れて行く。でもな、世の中そんな奴ばかりじゃないぞ。」
★まぁそりゃそうだよね。って思ってしまいそうなセリフですが、少し考察してみましょう。
ここで使われている「離れる」の意味は、物理的にだと思います。
「琴浦さんがどんなに悲しもうと落ち込もうと、俺は決して離れないぞ。」と暗に伝えています。
一方、琴浦さんにとっての「離れる」の意味は、精神的意味合いが大きいです。
なぜそのように考えたかについての議論は避けますが、だとすれば奇妙な話です。
言葉の発信者と受信者の感じ方が食い違っているのに、それが受信者に響く最適なメッセージだったのですから。
身も蓋も無い話になってしまいますが、どの言葉が名言になるかなんて受信者次第なんですよね。
どんな陳腐な言葉でも、それに力を感じたらそれが名言です。
ただ、それで終わっては勿体無い。
名言の真価は発言者の真意を理解できた時にあるでしょう。
それが名言が金言に変わる瞬間です。



~今回の教訓~

■No.1
★メッセージはシンプルな方が伝わるけど、誤解のリスクも高まる。
 理解に役立つ装飾も大切です。

■No.2
★読心術は気持ち悪いと思われやすい。
 もし読心術に長けている人がいるならば、互いが幸せになれることに力を発揮しよう。


↓原作はこの4コマ漫画です

琴浦さん1 (マイクロマガジン☆コミックス)


この記事へのコメント

トラックバック

URL :

愛を求めています

コメントやTwitterでの繋がり歓迎! 相互リンクも承ります。 もちろんリンクフリー。

自己紹介

きょう君

Author:きょう君
ロリコン塾講師。「YESロリータNOタッチ」の精神を忘れない紳士でもある。
元ゲーマーで、大会優勝者として雑誌に載ったり、某巨大ネトゲでサーバー最大ギルドのマスターをしていが、現在は両方とも引退。
遊戯王を中心としたTCGが大好きで、子供の頃よりその道を志していたが、某大手TCG制作企業の最終面接を蹴って塾講師の道を選択。
なんだかんだ言って、幼女に勝るものはないのである。

名言
PR
ランキング

アニメは人生だ!

FC2Blog Ranking

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
カウンター
Twitter

ichiani < > Reload

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。